【動画編集】映像を倍速にする方法【YouTubeで遅い喋りを早くする方法も】

動画編集中の人

  • この部分を早くしたいなぁ、倍速ってどうやってやるの?
  • YouTube撮ってみたけど喋る速度が遅いのが気になる。。

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容
  • 映像を倍速にする方法を@ステップで解説
  • YouTubeで使える「遅い喋りをこっそり早くする方法」

【動画編集】映像を倍速にする方法3ステップ

編集ソフトはPremiere proを使って説明します。

プロはほぼほぼこのソフトです。

初心者の方もどうせ使うなら自分のスキルになる編集ソフトを使うのがおすすめです。

それでは倍速にする方法を説明していきます。

 

1.素材をシーケンスに並べる

この警告が出る理由は、シーケンスの設定と素材の性質が合っていないからです。

「シーケンス設定を変更」を選べば、素材にばっちり合ったシーケンス設定に自動でなるので、これが出た時は必ずこちらを選びましょう。

 

2.素材の上で右クリック

 

3.速度を200%にして2倍の速度に

200%にすれば2倍速、300%にすれば3倍速、1000%にすれば10倍速という感じです。

 

たったこれだけで倍速に出来ます

映像の合間に倍速を挟んだりすると良い感じになったりまします。

 

YouTubeで使える「遅い喋りをこっそり早くする方法」

この映像はすべてを1.05倍の速度に変えてます。

これで遅い喋りを、バレない範囲で早くすることが出来ます。

視聴者を飽きさせない動画にするにはとても有効です。

やり方は、上で説明した方法とほぼ同じです。

 

速度を105%にする

これだけです。

110%までいくと声が高くなって少し不自然になるので、105%をベースに気持ち良い場所を探って見て下さいね。

 

そんじゃあまた!

 

今回のように数値を決めて速度変更をする以外に、感覚的に倍速にする方法もあります。

そんな方法を知りたい方はこちら↓

【動画編集】映像を早送りさせる方法&最適な効果音【Premiere pro】

良かったら読んでみて下さい。