Premiere proで動画に画像を挿入する方法【カッコ良く出す方法も解説】

動画編集中の人

・動画に画像を入れたいなぁ

・どうやって入れるの?

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容
  • 3ステップで動画に画像挿入する方法を解説
  • サイズや位置の調整方法
  • かっこいい画像の出し方

Premiere proで動画に画像を挿入する方法【3ステップ】

Premiere proを使って動画に画像を入れる方法を説明します。

動画編集にはこれを使うのがおすすめです。

なぜなら、調べると使い方がたくさん出てくるからです。

 

1.入れたい画像を読み込む

 

2.シーケンスに乗せる

 

3.サイズ&位置の調整

 

画像を挿入した動画の完成

映像の切り替わりで画像をポンと出すことが出来ました。

この画像の出し方を「カットイン」と言います。

 

これでもいいんですが、もうちょっとカッコ良く出したかったりする場面もありますよね。

そんな方に、かっこいい画像の出し方を解説します。

 

かっこいい画像の出し方【横からシュッ!】

キーフレームを使うと簡単にYouTubeでもよく見るこんな動きが付けられます。

単純な動きですが、これだけでもクオリティが上がった感じがしますよね。

 

1.画像を画面外に移動させる

 

2.ストップウォッチマークをクリック

 

3.画像の最初の位置を記憶させる

 

4.画像を表示させたいタイミングを決める(10フレ後に設定)

 

5.画像を表示させたい位置に移動する

 

6.画像の移動速度を調整する

 

7.初速だけ早い「シュ!」という動きにする

これで完成です。

同じ要領で「下からピョコン!」と出す動きにすることも出来ます。

これは画像やテロップなどにも応用が効くので、ぜひ試してみて下さい。

 

そんじゃあまた!