【動画編集】ワイプの入れ方を初心者向けに解説します【5ステップ】

悩む人

・テレビでよく見るワイプってどうやって入れるの?

・編集始めたてでよく分かんない。。

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • adobe premiere proを使ったワイプの入れ方の解説
  • 5つのステップで分かりやすく具体的に説明します

ワイプの入れ方 初心者向け解説

素材がシーケンスに並べられている状態から解説します。

このワークスペース(画面の配置)の設定方法は別記事で説明します。

 

ワイプ入れステップ①:ワイプ素材を上に乗せる

V1に全面で見せたい映像、V2にワイプにしたい素材を乗せます。

(テレビでいうと、V1がVTR映像、V2がスタジオの芸能人の構図です)

 

ワイプ入れステップ②:丸い形のワイプにする

シーケンス上でワイプにしたい素材を選択した状態から

エフェクトコントロール→不透明度→「◯マーク」をクリックすると

丸い状態でくり抜く事が出来ます。(□を選択すれば四角く抜く事が出来ます)

 

ワイプ入れステップ③:ワイプ領域の調整

不透明度→マスク(1)という項目が選択されている状態を確認し、

右の画面で直接ワイプ領域を調整します。

ここではバストショットくらいの範囲に設定しています。

 

ワイプ入れステップ④:ワイプのサイズ調整

次にワイプのサイズを調整します。

エフェクトコントロール内の、モーション→スケールの項目を数値入力またはシークして調整します。(この項目が出ていないという方はシーケンス上でワイプ素材が選択されていない状態です)

 

ワイプ入れステップ⑤:ワイプの位置調整

感覚的に大きさを決めたら次は位置調整です。

エフェクトコントロール内のモーション→位置を選択すると、

右の画面で直接ワイプの位置が移動できるようになります。

これで完成です。

 

【まとめ】

ワイプの入れ方4ステップのおさらいです。

  1. ワイプ素材を上に乗せる
  2. 丸い形のワイプにする
  3. ワイプ領域の調整
  4. ワイプのサイズ調整
  5. ワイプの位置調整

この4ステップの手順を踏めば簡単にワイプ入れが可能です。

 

こんな事も簡単に出来るのがAdobe Premiere proの良さだと思います。

まだ導入していない方は、無料体験が出来るのでぜひ試してみてください。

Adobe Premiere pro(無料体験)

 

そんじゃあまた!